初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ラウール・ハラ、ヘレスでの悪夢を葬るために...

ラウール・ハラ、ヘレスでの悪夢を葬るために...

ラウール・ハラ、ヘレスでの悪夢を葬るために...

1年前のヘレス・サーキットで、スペイン人ライダー、ラウール・ハラが強烈な転倒を起こし、脊推などを負傷する重症を負った。ハラはアルベルト・プーチ氏が提案したタレント発掘・養成プロジェクトからワールドチャンピオンシップ125ccクラスにデビューした将来有望なライダーである。その後、ルーチョ・チェッキネロのチームに所属し、アプリリアを駆ける。昨シーズン終了後、ハラはスペイン連盟のチームから250ccクラスに参戦することを決心。シリーズ第2戦の南アフリカでは、6番手スタートを獲得し、彼のポテンシャルが再び発揮し始めた。

今、‘ホームサーキット'で再びそのレベルを証明したいところだ。「南アフリカでのマシン性能には、とても満足したし、そのエボルーションにはとても喜んでいるよ。」とmotograndprix.comに説明してくれた。「ウェルコムでは、トップグループで走れるなど、うまく行っていたんだ。10位を走っていた時に転んでしまい、残念だった。しかし、僕の目標はいつも同じなんだ。来シーズンに向けて、経験を積み、可能な限りにポイント獲得に挑むだけだ。当然、レースで結果を繰り返したいけど、非常に難しいだろうね。」

ハラにとって、最終的に悪夢のクラッシュを葬る絶好の機会となろう。「転倒は、その後のシーズンに大きく影響を与えてしまった。完全に復調できず、チームにもマシンにも居心地があまりよくなかった。今年は全然違うし、チャンスを楽しめるだろう。ここヘレス。スペイン人にとっては、特別なんだ。今年は、いい思い出が残せるライダーの1人になりたいよ。」

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›