初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのインタビュー

主役たちのインタビュー

主役たちのインタビュー

1位ルーチョ・チェッキネロ:「僕の後ろで何が起きたか、よく知らないんだけど...ラストラップでポジアーリが僕を抜きにかかったのは見たけど、ポジション確保に最大限を尽くしたんだ。厳しいレースだった。しかし、チームはビックな仕事をしたんだから、感謝しないといけないね。」

2位アルヌー・ヴァンサン:「好スタートが切れ、最初からタイヤの保存に挑んだんだ。マシンは好機能したが、トップへの挑戦を許せなかったし、逃げられてしまった。リズムがとても高かった。3番手を確保した時、ポジアーリが転んだんだ。チャンピオンシップとして、大切なポイントを獲得できた。」

3位スティーブ・イェンクナー:「うまく行った。トップに立ったけど、タイヤが消耗してしまい、問題が出始めた。転倒があって、僕に恩恵が来た。鈴鹿で失った表彰台を取り返したよ。」

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›