初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ベネチアのライオン、ルーチョ・チェッキネーロ

ベネチアのライオン、ルーチョ・チェッキネーロ

ベネチアのライオン、ルーチョ・チェッキネーロ

ルーチョ・チェッキネーロは、勝利者として主役に輝き、32歳ながら、情熱、闘争心、そして、ヤングライダーの台頭が著しい125ccクラスでレースを制覇する能力があることを再び証明した。

ベテラン・ライダーは新たに舗装されたコースでも、上手く対応し、昨年獲得した2位に引き続き表彰台に登った。勝利は昨年のカタルーニャGP以来であり、ワールドチャンピオンショップ初表彰台も、スペインのハレマ・サーキットだった。

パドックで最も尊敬されるライダーの1人、チェッキネーロのグランプリ・デビューは93年。一時期、GPから離れるが、96年に復帰すると、3勝と12度の表彰台を獲得。チームのオーナーとして、冷静にマネージャー業にも励む一方で、将来有望なラングライダー:250ccクラスでデビューを果たしたオーストラリア人ケイシー・ストーナーと、125ccクラスのアレックス・デ・アンヘルの2人を育成している。しかしもう1年、チェッキネーロは、グランプリを走り、ワールドチャンピオンシップ王者に挑むことを決めた。

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Marlboro de España

Other updates you may be interested in ›