初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミステリーなデルビマシン解決に挑む宇井陽一

ミステリーなデルビマシン解決に挑む宇井陽一

ミステリーなデルビマシン解決に挑む宇井陽一

ここまでのシーズン序盤、宇井陽一にとっては心底失望した成績だったに違いない。昨シーズン終盤で4連勝とタイトル獲得へ猛追。シーズン6勝を挙げたが、ワールドチャンピオンには惜しくも手が届かなかったが、今シーズンへの期待が高まった。しかし、マシンは機能せず、4戦終了時点で、僅か10ポイントしか獲得できで、低迷している。

「この2年間で、2年連続ランキング総合2位を獲得したが、今年は非常に厳しい。上位5人のライダーは、同じマシンで参戦している。僕のマシンが遅いとは言いたくはないが...本当に遅いんだ。7年前からデルビ-ジレラの技術ディレクター、ハラルド・バルトールと仕事をして、僕たちは理解し合っている。つまり、どういう原因か、具体的に把握できず、トラブル解消を彼は失った。これはミステリーなことだ。」

「マシンのトラブルは、同時に信頼性を失った。「序盤は完璧に失った。11月からフロントフォークの調整を始めたが、鈴鹿の前までに多くのテストができず、マシンは完璧な状態で開幕を迎えなかった。その上、昨年までのポテンシャルも失っていた。第3戦を終了し、予選に、3列目獲得争いに疲れたよ。」

ル・マンでは、今シーズンのプランを後退し、昨年までのセッティングを適応する判断を下した。いくつかの好反応があったが、9ラップ目に転倒リタイヤし、再び失望感を味わった。「サスペンションを取り替え、上手く機能したんだ。問題はエンジンだ。高速ポテンシャルが欠けている。ロングストレートがあるムジェロでは特に問題となろう。タイトルに関しては、エンジンパワーが上位陣と同等なレベルまで高まれば、バトルが展開できるかもしれない。しかし、ヘレス終了時点では、不可能だと思っていた。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›