初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ギャリー・マッコイ、負傷により6~8ヶ週間欠場

ギャリー・マッコイ、負傷により6~8ヶ週間欠場

ギャリー・マッコイ、負傷により6~8ヶ週間欠場

レッドブルー・ヤマハは、ギャリー・マッコイが負傷により、約6~8ヶ週間、欠場することを発表した。オーストラリア人ライダーは、エストリルで行われた2月のIRTAテストで右足を骨折。開幕から3戦には負傷を押して出走していた。

しかし、激痛は引かず、第4戦のレ・マン予選1日目終了時点で、レースへのコンディション不良から欠場を余儀なくされた。長期に渡る欠場の原因には、98年8月、ブルノで負った負傷が、回復過程を遅らせていると見られている。ル・マンでは、予選2日目からマッコイの代役としてジャン・ミシェル・ベイリーが急遽抜擢された。

「ギャリーにとっては、負傷により多くのレースを欠場する結果となってしまいました。」とチーム・ディレクター、ピーター・クリフォードは説明する。そして前向きに状況を語った。「ベイリーは、ル・マンの2日間で、マシンを大きく発展させました。最近では、ムジェロでのテストに参加しました。マシンとタイヤの開発のために、ジョン・ホプキンスにグッドなベースを与えるために、そして、ギャリーが復帰したときに最高のマシンを提供するためにも、彼を起用します。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›