初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ルカ・ボスコスクーロ、チーム・イタリアを率いホームグランプリに挑む

ルカ・ボスコスクーロ、チーム・イタリアを率いホームグランプリに挑む

ルカ・ボスコスクーロ、チーム・イタリアを率いホームグランプリに挑む

ルカ・ボスコスクーロの人生が180度変わった。1年前はカンペテッラ・レーシングのライダーとして250ccクラスから、ホームグランプリに挑もうとしていた。今年はチーム・イタリアの責任者として、ジレラの才能溢れるヤングタレントの育成プロジェクトを率いている。マッティア・アンジェローニとミシュル・ファブリツォオの2人は、ワールドチャンピオンであるマヌエル・ポジアーリの足跡を追う期待を担っている。

チームは1年で最も重要なレースが控えている一方で、ボスコスクーロはノストラジックを感じている。「走りたい。ここのファンは本当にライダーを後押しするんだ。壁の向こう側の世界にいることは難しい。コースにいる時とは、同じ感動を味わえないんだ。しかし、将来有望なヤングライダーたちとの仕事には満足している。ジャンペーロ・サッキは、僕にファンタスティックなチャンスを与えてくれ、期待に応え、ビックなことができると思っているよ。」

2人のティンエイジャーはまだ特筆する結果を挙げていない。ファブリツォオがウェルコムで唯一のポイントを獲得したに留まっている。しかし、ボスコスクーロは、チームがいい軌道に乗っていることを固執する。「僕たちの目標は一歩一歩成長することである。至急、表彰台獲得を望んでいることではない。このライダーたちは、若く、時間を与えなければならない。ここからファイナルまでバトルができると確信しおり、プレッシャーはない。ホームレースは彼らにとっても重要だろう。コースを熟知しているし、何よりも観客が彼らをサポートしてくれる。しかし、ここで好結果を獲得できなかったとしても、他のサーキットで同じように期待するさ。」

18歳のアンジェローニと17歳のファブリツォオの2人は、ジレラのリーダー、ポジアーリの恩恵を受けられる。「ポジアーリは、僕たちをサポートしてくれ、ブレーキングポイントやギヤチェンジなどの遠隔測定法を利用することができる。当然、18歳でタイトルを獲得した彼に続くことが目標である。また、エリアスやペドロッサのように、表彰台や優勝バトルをこなして行くことも必要だ。僕たちも彼らと同様な活躍ができるように期待している。」

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›