初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン、グランプリを分析

ミック・ドゥーハン、グランプリを分析

ミック・ドゥーハン、グランプリを分析

MotoGPのレースは再びファースト・ポジションを争う展開となった。バレンティーノ・ロッシとマックス・ビアッジは、トップバトルを繰り広げ、コースで存在を強調していた。いずれにせよ、ホンダRC211Vは、現状では優れている。だから、ヤマハの前を走ったんだ。

一方で、カルロス・チェカはロッシとバトルするライダーであると確信したことを覚えなければならない。しかし、今日はそうならなかった。昨日が問題だったセッティングの調整が影響したのかもしれない。

Tags:
MotoGP, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›