初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

宇井陽一、ムジェロで復帰!

宇井陽一、ムジェロで復帰!

宇井陽一、ムジェロで復帰!

宇井陽一が、ムジェロでスペクタクロな復帰を遂げた。ワールドチャンピオン筆頭候補に挙げられ、開幕した02年をスタートした宇井だったが、暗雲が立ち込めたシーズン序盤を過ごしていた。彼のマシンは度重なる問題が続いた上に、不運も加わり、日曜のレースでフニッシュするには、リミッドが生じていた。しかし、イタリアで以前のようなライディングが戻り、今季初の2位をゲットした。

29歳のベテランライダーは、ヘレスでの6位がここまでのベストであった。ムジェロでは予選の結果、14番目グリッドからのスタートだったが、好スタートからリーディングライダーへと飛び出す。ラストラップには、スリップを上手く使い、ニエトとペドロッサを抜き去り、2位でゴールラインを駆けた。宇井は、フラストレーションがあった今シーズン、ようやく手にした好結果に満足感を抱き、語った。

「シーズン序盤は、フロントフォークやサスペンションに多くの問題があった。その影響でライディングのフィーリングも失われてしまった。ヘレスから、少しずつ開発が進み、今日のバイクはパーフェクトな仕事をした。表彰台を獲得でき、ハッピーだ。バルセロナでも、この勢いを持ち込み、同じような結果を挙げたい。」

チーム・ディレクターのジャンピエロ・サッチは、困難な状況にありながらも、ライダーが全力を尽くしていたことを再確認した。「今日は、私にとって特別な日です。なぜなら、計り知れないほどの全力を尽くし、ようやく結果が出始めたからです。困難な状況でしたが、陽一もチームテクニックも下を向かず、仕事に取り組んでいました。彼らの協力的なアクションのおかげで、私たちは復活します。」

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›