初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペトロナス・スプリンタ・TVK 今季最高の成績をゲット

ペトロナス・スプリンタ・TVK 今季最高の成績をゲット

ペトロナス・スプリンタ・TVK 今季最高の成績をゲット

パトロナス・スプリント・TVKが、ムジェロで今季最高の成績を挙げた。所属するセバスチャン・ポルトとシャロール・ユージーの2人が上位10以内を獲得し、アプリリア支配が続く中量級クラスで、ヤマハの進歩を証明した。今、日本のメーカーがチャンピオンシップで旋風を起こそうとしている。

ポルトはシーズンを通じて安定した走りを見せ、全戦にポイントを獲得している。ムジェロでは、今季最高のスターティンググリット2位を獲得し、レースでは今季2度目となる7位でチェッカを受けた。一方で、ユージーは、2000年からのグランプリ参戦を通じて最高の9位をおさめた。両ライダーともに、今後のレースでは、さらに成績を伸ばしていくを確信している。

グランプリ唯一のアルゼンチンライダーは、ムジェロでグランプリ98戦目を迎えた。「このポジションには失望しているんだ。なぜなら、好スタートが切れてからだ。後方タイヤに問題があった。おそらく、タイヤ選択を誤ったのだろう。15ラップ目から、マシンは滑り始めた。転倒の危険がないように努力したが...その時から、完走を目指し、可能な限りのポイントを獲得することに集中したんだ。」

マレーシア人ライダーのユージーは、もっとポジティブな感想を残した。「メカニック、そしてチームに感謝している。彼らは、的確なセッティングとタイヤを選択したんだ。グッドなスタートで、セバスチャンの後に続こうとした。危険を冒してまでも追走する自信はなく、ポジションを失った。その後、9位のポジションをキープするためにコンセントレーションを高めて、ライディングした。この結果には、満足。もっと上を目指したい。」

Tags:
125cc, 2002, Gran Premio Cinzano d'Italia

Other updates you may be interested in ›