初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レオン・カミール グランプリデビューの印象を語る

レオン・カミール グランプリデビューの印象を語る

レオン・カミール グランプリデビューの印象を語る

英国人ライダー、レオン・カミールが先週末、イタルジェット・レーシング・サービスからグランプリデビューを果たした。カミーリはハンガリー人ライダー、カボール・タルマクシの代役ライダーとしてカタルーニャに登場。若干15歳のヤングライダーは、自らのタレント性を発揮する絶好のチャンスを逃したくはなかった。

「資金が見当たらないために、たった1レースの参戦だったけど、グッドなファーストステップだったと思う。」と語った。レース13ランプ目に転倒するアクシデントもあったが、完走を果たした。「ブリティッシュ・チャンピオンシップとワールドチャンピオンシップとの差は、信じられないほどだ。このレースは究極にハードだけど、一方で多くのライダーたちと走れた。彼らと一緒に走れるコンディションにいると感じた。不運にも、マシンはストレートで操縦を失ってしまった。」

カミールは、フル参戦のポジションを見つけるのは難しいが、将来に向け世界最高峰に近づいたと疑わない。「できるなら、チャンピオンシップを参戦し続けたい。先週末は、とても楽しかった。しかし、事態を待たなければならない。もし、イタルジェットで続けられ、もう少しセッティッグを良くすれば、僕は幸せだろう。なぜなら、ワールドチャンピオンシップで駆けたいからだ。」

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›