初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アーブ・カネモト エリートへの困難な復帰について語る

アーブ・カネモト エリートへの困難な復帰について語る

アーブ・カネモト エリートへの困難な復帰について語る

ワールドチャンピンシップのエリートに復帰した名将アーブ・カネモトだが、ここまでのシーズン序盤は自ら描いたプランが遂行されていない。このモーターサイクル界伝説の人物であるアメリカ人は、カネモト・レーシングを率いて、新時代に挑んでいるが、現状までは不幸がチームを襲っている。

ラウンド6を終了し、カネモト・レーシングは獲得ポイント12で最下位に低迷している。所属ライダーであるユルゲン・ファンデン・グールベルグのここまでの最高成績は、ウェルコムの11位。カタルーニャでは、ファーストラップにアクシデントに巻き込まれ、リタイヤを余儀なくされた。失ったレースについて、カネモト氏は哲学を語った。「これがレースである。ミスを犯して地面に叩きつけられれば、時には完走もできる。レースではいろいろなことが起こる。残念だが、いつでも起こりえることが起きたのだ。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›