初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレビュー 125ccクラス~ポジアーリ、独走体制に向けて

プレビュー 125ccクラス~ポジアーリ、独走体制に向けて

プレビュー 125ccクラス~ポジアーリ、独走体制に向けて

リニューアルされたアッセンの舞台で、ワールドチャンピオンのマヌエル・ポジアーリが2位に21ポイントの差をつけているランキングで、さらなる首位強固に挑む。連続表彰台と連続勝利中のサンマリノ出身のライダーは、序盤の勢いに陰りが見え始めたアルヌー・ヴァンサンとレース毎に調子を上げているダニ・ペドロッサとの、タイトル対決を展開している。

ジレラのポジアーリは、前ラウンドのカタルーニャで、最終コーナーを制し、僅少差でペドロッサを制した。しかしながら、16歳のスペイン人は、ホームグランプリで自己最高順位を獲得し、再び高い将来性を発揮した。そして今週末は、友人であり、昨年アッセンで初優勝を飾ったトニー・エリアスの再現を希望している。

ランキング総合4位のベテランライダー、ルーチョ・チェッキネロもタイトル獲得を虎視眈々と狙っている。ヘレスとル・マンと2連勝を果たすが、それ以外のレースでは、表彰台から遠ざかっている。ここ2レースはトップグループで走行を演じるものの、本人が満足する結果を残しけれなかった。タイトルバトルを続けるためにも、ポジアールを始めとするティーンエイジャーたちのリズムに遅れることは許されない。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Dutch TT

Other updates you may be interested in ›