初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン アッセン予選初日を語る

ミック・ドゥーハン アッセン予選初日を語る

ミック・ドゥーハン アッセン予選初日を語る

不運にも今回のグランプリでアッセンにいることができないが、テレビを通して注意深く見れた。今週末もファンタスティックなレースになると全面的に賭けられる。

今回のレースで、何人かの2ストロークライダーたちにとっては新生4ストローク勢とバトルできるラストチャンスとなろう。しかし、僕の視点から、そしてここまでのところ、他のサーキットと同様な展開になろう。

レースを重ねるごとに4ストロークは速くなり、2ストロークの開発は既に最終段階まで到達して、リズムに追いつけず、旋風を起こす機会が減少している。予選1日目では、アレックス・バロスとロリス・カピロッシが飛び出したが、最終的には4ストローク勢がトップ3を占めた。

バレンティーノ・ロッシはマシンの性能もあり、チャンピオンシップを制覇している。僕の意見では疑いなく、最高のライダーである。他のメーカーもホンダに接近している。ヤマハとスズキは最近、急進的な発展を遂げたが、レースで上回るには多大な努力が要求される。現状では、バトルできるとは見えない。

Tags:
MotoGP, 2002, Gauloises Dutch TT, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›