初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ダニ・ペドロッサ 流星のようなレース経歴に初勝利を加える

ダニ・ペドロッサ 流星のようなレース経歴に初勝利を加える

ダニ・ペドロッサ 流星のようなレース経歴に初勝利を加える

2週間前、カタルーニャ・サーキットで勝利直前まで辿り着いたダン・ペドロッサが、先週末のアッセンで念願の初優勝を果たした。若干16歳で2年目のシーズンを過ごしているペドロッサは、早熟な経歴を積み重ねている。

当時13歳、モビスター・アクティバ・カップに参戦していたペドロッサはアルベルト・ピーチに見出される。昨年、ワールドチャンピオンシップ125ccクラスに初挑戦する。1年目からトニー・エリアスと共に特筆する活躍を見せ、2戦目のウェルコムでは、15歳と205日と、史上4番目の若さで初ポイント(13位)を獲得した。バレンシアともてぎでは、連続3位と表彰台に登った。

エリアスが250ccクラスにスイッチし、チームの第1ライダーとなった今季は、2度の3位と前戦カタルーニャで2位を獲得し、アッセンに挑んだ。そして、独走の優勝を果たす。誰もが彼の実力を評価し、優勝が来る日を待ち望んでいた。

彼にとって特別となった週末について、次のように語った。「この勝利を僕の家族、僕のチーム、そして僕を信じてくれ、全てを教えてくれたアルベルト・プーチに捧げたい。アッセンの初日から、ここがとても気に入った。マシンはパーフェクトで、僕自身もマックスで走れることができた。トップでスタートでき、一気にスパートした。カタルーニャと同様な展開にならないために、他のライダーたちを引き離しに行った。その後は、予選と同じように集中力を保ち、ラップごとにタイムを更新しようと挑んだんだ。」

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Dutch TT, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›