初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アレックス・ホフマン 負傷ロリス・カピロッシの代わってドニントンパークに参戦

アレックス・ホフマン 負傷ロリス・カピロッシの代わってドニントンパークに参戦

アレックス・ホフマン 負傷ロリス・カピロッシの代わってドニントンパークに参戦

ウエスト・ホンダ・ポンスは、アッセンで負傷したロリス・カピロッシの代役としてドイツ人ライダー、アレックス・ホフマンを来週末のドニントンパークと第9戦のザクセンリンクの2戦に起用することを発表した。ホフマンは今季、ギャリー・マッコイの代役としてレッドブルー・ヤマハWCMからカタルーニャとアッセンの2戦に参加したほか、プロトンKRのテストにも参加していた。22歳のドイツ人ライダーは、ホンダNSR500で今季3度目のチャンスに挑む。

今回のホフマン起用については、カピロッシの負傷の診断結果を待って決定された。ロリスはグランプリ終了後にイタリアに帰国。再検査の結果、右手首の2ヵ所を骨折し、20日間の絶対安静の診断が下った。「ロリスのアクシデントは残念なことです。完璧なシーズンを過ごし、MotoGPカテゴリーで最高のライダーの1人であることを証明していた。」とチームオーナーのシト・ポンスが語たり、ラウンド10のブルノには復帰する見込みを示した。「ホフマンは起用できるなかで最高のライダーで、興味深いです。彼にとってはビックチャンスになると思います。ウエスト・ホンダ・ポンスのメンバーは、マシンに一刻も早く適応できるように彼をサポートします。」

「とても喜んでいる。この冬は最悪な時期だった。チャンピオンシップ開幕前に所属チームがなかったからだ。(NSR500の)マシンへの適応に要する時間はそれほど必要ないだろう。今回は特別な問題がないだろうと思うが、これまではダンロップで参戦してから、ミシュランに慣れなければならない。僕は唯一のドイツ人ライダーだ。来季に向け、マシンを見つけるためのビックチャンスとなろう。母国のモーターサイクル界にとっても重要な機会となろう。」とホフマンは語った。

Tags:
MotoGP, 2002, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›