初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プロトンKR V型5気筒エンジン採用決定

プロトンKR V型5気筒エンジン採用決定

プロトンKR V型5気筒エンジン採用決定

数週間前からMotoGPパドックでは、プロトンチームKRが来季、新型4ストロークマシンV型5気筒エンジンを搭載するのではないかと盛んに噂されていた。先週末、チームオーナーであるケニー・ロバーツは4ストロークへの可能性に着地し、新プロジェクトを公式に語った。

「レギュレーションを確認し、全ての可能性を研究した。ホンダが投入しているように、5気筒エンジンが最高のオプションであり、採用を決定した。」とロバーツは説明する。「4気筒と5気筒は最低重量制限が同じ145kgである。この前提条件の下、誰が4気筒で走りたいのか?」

ニュープロトン4ストロークマシンは、ホンダ4ストロークマシンと似たタイプとなり、3気筒が前方に2気筒が後方に配置される。ホンダは75.5度V気筒エンジンを採用しているのに対して、ロバーツは「コンピューターによるシュニレーションとエンジニアの研究により、60度V型を製作する。好開発されると期待している。F1の全チームはV10エンジンを採用しているが、誰もコピーについては非難していない。」と述べた。

さらにロバーツは、発生した問題を解決する仕事をするが、過度に‘試験的な'道を進んで行くことを望まないことを付け加えた。「2ストロークマシン開発で実施したような再考案に挑むことはない。望んでいた最後のものである。我々は独立エンジニアの小さな集団であり、3年をかけて研究開発する能力を持ち合わせていない。従って、F1の最新技術を着想しない。来季スタートから見苦しくない戦闘力を備えたマシンを望んでいる。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›