初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビアッジ:2度目のポール、加藤:今季最高の2位

ビアッジ:2度目のポール、加藤:今季最高の2位

ビアッジ:2度目のポール、加藤:今季最高の2位

マックス・ビアッジが今季2度目のポールポジションを獲得した。イタリア人ライダーは、過去5勝を挙げている得意のコースで、自ら昨年樹立したポールポジションタイムを大きく更新した。ヤマハM1のライダーは、セッション開始から26分後に1度はトップに立つが、その2分後に2位に後退。ラスト2分、それまで記録していたタイムを一気に0.6秒短縮させ、カタルーニャGPに続き、ポールから決勝レース迎える。

加藤大治郎は、この日も主役だった。3ラップ目に暫定ポールポジションタイムを塗り替え、予選2日目も終始トップを快走した。ラストでビアッジにポールの座を譲ったものの、その差僅か0.094秒。今季最高の予選2位を獲得した。暫定ポールのバレンティーノ・ロッシはラストのタイムアタックをせず、終了2分前にはボックへ戻り、ドイツGPに続き、今季2度目の3位となった。

ギャリー・マッコイは今季ベストの4位フロントローを獲得すれば、ロリス・カピロッシ、カルロス・チェカ、ジョン・ホープキンス、そして宇川徹がセカンドローに並ぶ。中野真矢が11位、青木宣篤が14位、ノリックが16位で、原田哲也と梁明はそれぞれ17位と20位から、明日の決勝レースに挑む。

Tags:
MotoGP, 2002, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›