初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホルヘ・マルティネス・アスパル エクトル・バルベラの‘爆発'を語る

ホルヘ・マルティネス・アスパル エクトル・バルベラの‘爆発'を語る

ホルヘ・マルティネス・アスパル エクトル・バルベラの‘爆発'を語る

前戦チェコGPで彗星のように飛び出し、MotoGPファンを驚かせたエクトル・バルベラ。無名の存在に近かった15歳のラングライダーは、後方からトップグループを猛追し、一時はトップに立つなど、初めて優勝争いに加わった。惜しくも表彰台は逃したが、ワールドチャンピオンのマヌエル・ポジアーリらを抑え、グランプリ参戦10戦目にて自己最高4位を獲得した。しかし、彼の爆発は、彼の潜在能力を知る関係者には、決して驚きではなかった。

「エクトルには大きなポテンシャルを持っていることを、私たちは知っている。」と今季ワールドチェンピオンシップにデビューしたマステル-アスパルチームのオーナー、ホルヘ・マルティネス・アスパルは確信する。「11歳でトライアルを始めたときから、常に勝っていた。今季は、ここまで好レースをしていたが、先日のブルノは特別だった。気に入った。特に、冷静と機敏さを持って、ワールドチャンピオンを含めた経験豊富なライダーたちと対等にバトルしたことだ。これは、たった15歳のライダーにとっては貴重なことである。」

バルベラは、先週末に開催されたCEVことスペイン選手権125ccクラスで優勝し、前戦の走りが決して突発的なものでないことを示した。CEVランキング首位に立つバルベラについて、「これも同様に、1人のライダーとして重要である。なぜなら、自信を得ることができからだ。」とアスパルは述べた。

経験から来るアドバイスを送るアスパルは、ライダーの成長を看視し、必要のないプレッシャーから開放できるように導いている。「ブルノでは、転倒しないように努力すること、ポイント獲得を狙うことだけを伝え、彼はやり遂げた。レース終了後、彼は楽しかったことを言ってきた。これも同様に大切なこと。ブルノを後にした際、全てのレースが今回のようになるとは思わず、結果に取りつくことのないよに言った。いつものアドバイスは、レース毎のライディングやセッティングについて。彼にとっては、全サーキットが初めてであり、私たちの小さな貢献である。もちろん、最終戦のバレンシアのときは、白紙だ。」とホームサーキットで活躍することをアスパルは明言している。

Tags:
125cc, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal, Hector Barbera

Other updates you may be interested in ›