初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マヌエル・ポジアー 再浮上に向けハードワーク

マヌエル・ポジアー 再浮上に向けハードワーク

マヌエル・ポジアー 再浮上に向けハードワーク

マヌエル・ポジアーリは、猛追するライバルたちのプレッシャーを受け、エストリルに到着した。サンマリノ出身のライダーは、2戦連続して表彰台を逃し、第6戦カタルーニャGP以降は優勝から遠ざかっている。一方で、アルヌー・ヴァンサンとダニ・ペドロッサはそれぞれ優勝を果たすなど、高ポイントを連取し、好調をキープしている。今、125ccクラスのタイトル争いは、開かた状態であるが、昨年の王者ポジアーリは落ち着きを保っている。

「他のライダーのことは心配になっていない。」と語る19歳のライダー。「今のところ、僕がランキングでトップに立っている。これが重要なんだ。ここ数レースでマシンはうまく機能しなかったけど、今週末はニューパーツを投入し、違いを見出せると思う。」

また、ポジアーリにとってここエストリルの舞台は、思い出がある。昨年、宇井陽一との稀に見る激戦を展開し、僅か0.011秒差で優勝を飾った。「昨年は昨年で、今年は今年。だけど、当然、同じ結果となれば最高だ。今年はワールドチャンピオンとして参戦しているけど、昨年より困難なシーズンだ。ラスト数レースでは、仕事の成果が問われるだろう。タイトル獲得に向け、チームはハードワーク中なんだ。」

Tags:
125cc, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›