初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャンスを失ったジェイ・ビンセン

チャンスを失ったジェイ・ビンセン

チャンスを失ったジェイ・ビンセン

今、イギリスに戻っている途中だけど、日曜の結果には我慢できない。頭の中で何度もレースを振り返った。転倒さえなければ、初勝利を、少なくても初表彰台を期待していたのに...考えを止めることができない。再度、(表彰台に)近づいたのに。必要なときに、今回も運が背を向けてしまったようだ。初表彰台を獲得する絶好のチャンスだった。

レース中は、実にフィーリングが良かった。ライディングするのは簡単ではなかったけど、こうなることは最初から分かっていた。ウェット用のセッティングがよかったし、トップライダーたちにアタックを仕掛け、ミランドリを引き離すことができると確信していた。彼をパスし、リードを広げて行ったが、最終コーナーでフロントのコントロールを失った。再度、レースに復帰しようとしたけど、シリンダーが破損し、ピットにも戻ることができなかった。

今回もレースを外から見ることになってしまった。いろいろと違うことが多すぎる。何度、同じことを繰り返して言ったのか。

少なくても110%の努力をした。慎重に走ることを選択できたし、トップ10以内を狙うこともできたけど、僕にはチャンスがあった。このチャンスを失いたくなかったし、チャレンジしたかった。僕の日だとも思っていた。でも、実際はそうではなかった。おそらく、他の日なんだろう。雨はライダーを同等にすると言う。僕も同意見だ。もし、同じマシンを得られれば、ミランドリやニエトと同じレベルで走れることは、分かっているんだ。僕の実力を証明するために、来年は競争力のあるマシンが得られることを期待したい。」

Tags:
250cc, 2002, Grande Premio Marlboro de Portugal

Other updates you may be interested in ›