Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ&スズキ エストリルで作業延長

ヤマハ&スズキ エストリルで作業延長

ヤマハ&スズキ エストリルで作業延長

マールボロ・ヤマハ・チームとテレフォニカ・モビスター・スズキが、第11戦ポルトガルGPが開催されたエストリルに1日延滞し、テストを実施した。

撤収作業と次戦リオGPへ向けての出発作業を遅らせ、カルロス・チェカとマックス・ビアッジ、そしてケニー・ロバーツがコースに飛び出した。今季最高の走りに見せていたセテ・ジベルナウは、転倒により負傷した診断を受けるために、レース直後に急遽帰国し、不参加した。

テストは13時ごろまで、コースが乾くのを待って実施された。カルロス・チェカは2時間ほどサスペンションのテストと行うと同時に来年のデーターを収集した。一方でマックス・ビアッズは、約3時間ほどコースとピットを行き来すれば、ケニーはスズキが前戦から投入したニューパーツを試した。

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›