初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン 初タイトルに向けリオGPに挑む

ヴァンサン 初タイトルに向けリオGPに挑む

ヴァンサン 初タイトルに向けリオGPに挑む

前戦ポルトガルGPで優勝したアルヌー・ヴァンサンは、チャンピオン最有力候補に踊り出た。アプリリアを駆けるヴァンサンは今季4度目の優勝を挙げれば、昨年の王者マヌエル・ポジアーリは転倒リタイヤでノーポイントに終わり、総合ランキングでもトップの座から後退した。両者のポイント差は23。ヴァンサンが南半球に勢いを持ち込み、初タイトルへ向け、スポートするか。それとも、ポジアーリが昨年チャンピオンを決めた舞台で、息を吹き返すかが、レースの焦点となろう。

忘れてはならないのが2年目の世界選手権で、若干16歳ながらタイトル争いに絡んでいるダニ・ペドロッサである。ポルトガルGPでは、ハードウェットのコンディションに苦しんだが、貴重な6ポイントを獲得。ポジアーリとのポイント差を5に縮めた。4位にはルーチョ・チェッキネロがつけるが、ペドロッサとは40ポイント差。トップのヴァンサンとは68ポイント差と、タイトル獲得には難しい状況となった。

昨年、初タイトル獲得に向け、パシフックGPからリオGPまで4連勝を挙げ、驚異の追い上げを見せた宇井陽一。惜しくも、僅か9ポイント差でタイトルには届かなかったが、速さと強さ、そして感動的なレースを見せてくれた思い出のサーキットに返ってくる。今季は苦戦が続いているが、ポルトガルGPでは復調の兆しを見せていただけに、注目のライダーである。そして、今季は頻繁に上位を走るアレックス・デ・アンジェリスは、昨年までの最高成績6位を獲得した得意のコースで、初優勝に挑む。

Tags:
125cc, 2002

Other updates you may be interested in ›