初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

第12戦リオGP直前 注目のライダーたちのコメント

第12戦リオGP直前 注目のライダーたちのコメント

第12戦リオGP直前 注目のライダーたちのコメント

バレンティーノ・ロッシ:「僕のファンクラブが、ここまで応援に来てくれた。リオでフェスタをやりたいんだろう。もし、そうならなくてもレースを楽しめるだろう。なぜなら、重要なのは、チャンピオンシップを勝つことだから。ここのコースが大好きで、97年には125ccクラスで優勝した。98年はここに来なかったけど、99年には250ccクラスで、2000年と2001年は500ccクラスで優勝を飾った。昨年は幸運だった。最終コーナーまでチェカがトップだったんだ。彼は現在好調で、土曜には好バトルができると思う。」

アレックス・バロス:「国を代表するということは、常に大きな挑戦だ。ブラジル人唯一のライダーとして、大きなプレッシャーとエモーションに耐える。いつも、ここではいいレースをしているけど、今年はサーキットが4ストロークに適しているから、とても難しいと宣言しよう。次戦もてぎから4ストロークで駆けたいけど、今は今週末のことだけに集中しよう。」

カルロス・チェカ:「昨年は優勝に近づき、今週末は同レベルでレースを制したい。僕たちは、ここ数レースで進歩した。このコースを気に入っているし、うまく適応したい。これからのレースでは、マシン開発の時間がないだろう。残りシーズンに向け、今しか作業ができない。」

阿部典史:「このサーキットでいつもいいレースをしている。99年には優勝を果たした。しかし、今年は厳しいレースになるでしょう。ロングストレートで4ストロークマシンと一緒に走るのは不可能かもしれませんが、全力で頑張ります。」

Tags:
MotoGP, 2002

Other updates you may be interested in ›