初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤコブ・スムルツ 250ccクラスにチャレンジ

ヤコブ・スムルツ 250ccクラスにチャレンジ

ヤコブ・スムルツ 250ccクラスにチャレンジ

ヤコブ・スムルツが、250ccクラスに初挑戦することとなった。デクラフ・グランプリチームはチェコGP前に解雇したオランダ人ライダー、ヤルノ・ヤンセンの後任にチェコ人ライダーをリオGPから最終戦バレンシアGPまで起用することを発表した。

「僕にとってファンタスティックな機会だ。1週間前に契約が合意したときは、興奮して眠れなかったよ。」と19歳にライダーは第一声を上げた。「当然、バイクは125ccより大きいけど、上手く行っている。僕は背が高いし、結果として乗り心地がいい。ハル(青木治親)の側で走るということは、大きな経験になる。今、僕の頭にはいろいろなことでいっぱいだ。彼を質問攻めにしているし、これからも疑問に思ったことを質問するだろう。今週末は、バイクのいい感触を掴む必要がある。同様に、基本的なセッティングも調整して、そして、チャレンジしたい。」

しかし、ヤコブは開幕から乗っていたアプリリア125ccとホンダRSを比較し、ライディングの難しさを痛感している。さらに、膝の手術を受けたことから、約2ヶ月間ほどレースから離れていた。「負傷した膝は完治していないけど、バイクを乗る分には問題ない。だけど、しばらくバイクに乗っていなかったので、背中と肩の調子がよくない。特別な問題ではない。直ぐにフィジカルを取り戻すことができよう。」

スムルツは来シーズンに向けて、貴重な体験が得られることに対して、期待に胸を膨らませている。「僕の考えとしては、エリト・グランプリに戻ること。シーズンを彼らと、2人のライダーで始めること。トーマス・ルティ(負傷中に代役として起用されたスイス人ライダー)が125ccクラスで、僕が250ccクラスで参戦するんだ。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›