初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォンシ・ニエト ミランドリを抜きPP獲得

フォンシ・ニエト ミランドリを抜きPP獲得

フォンシ・ニエト ミランドリを抜きPP獲得

フォンシ・ニエトが再度、ポールポジションバトルで強さを見せた。ミランドリはトップで予選をスタートさせたが、途中ド・ピュエニに交わされたが、ラスト3分で2度に渡り、ポジションを奪回した。

フォンシはラストラップでサーキットベストラップを叩き出し、ポールを獲得。メランドリとは45ポイント差と厳しい状況だが、初タイトルに向け、好ポジションをゲットした。セッション2日目にタイムを更新できなかったトニ・エリアスは5番手に後退すれば、ド・ピュニエは3番手をキープした。

4番手にはHRCからワイルドカードとして参戦している高橋裕紀が入れば、セバスチャン・ポルト、エミリオ・アルサモーラ、そしてロベルト・ロルフォらがセカンドローを確保した。

サマーバケーション明けから好調な松戸直樹は12番手で、青山博一が13番手、大崎誠之が14番手、嘉陽哲久が15番手、横江竜司が16番手と3列目と4列目に並んだ。中須賀克行と青木治親がそれぞれ19番手と20番手で明日の決勝レースを迎える。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›