初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ 新RS250投入

ホンダ 新RS250投入

ホンダ 新RS250投入

ホンダは、シーズンファイナルに向け、今グランプリから2台のニューマシンRS250を投入して来た。青木治親がシーズンを通してマシン開発を務めて、ここもてぎでは、ワイルドカードの高橋裕紀とともに、プロトタイプマシンを駆けている。

このプロジェクトの責任者であり、元500ccライダーの岡田忠之は、「これは全く新しいマシンです。ハルが世界選手権で得た情報や全日本選手権のライダーやテストライダーのからのデータを活用し、改良しました。今週末は、ハルの近くで作業できる機会があります。ヨーロッパではなかなか簡単に行かないことです。同様に、青山博一も全日本選手権仕様のRSキットで走ります。18歳の高橋は、タレント性があります。ホンダにとっても、新人タレントを育成することも非常に重要なことです。」と説明した。

青木はニューマシンへの評価を下すのは、まだ早いとしながら、成績が向上することを期待している。「ニューマシンは全く異なるセッティングを要求している。根本的にシャシーの調整に集中した。いくつかのコーナーで新旧のマシンを比較することができ、旧型マシンより優れている。この新しいマシンを機能させるために一刻も早く適応しなければならない。理想的なセッティングが得られるとき、重要な好成績を上げられることは確実だ。」と元125ccチャンピオンは語った。

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›