Tickets purchase
VideoPass purchase

シャロール・ユージイ 地元ファンの前で初Vを狙う

シャロール・ユージイ 地元ファンの前で初Vを狙う

シャロール・ユージイ 地元ファンの前で初Vを狙う

シャロール・ユージイが明確な目標を持って、母国グランプリに挑む。自己最高成績は8位ながら、今グランプリでは初優勝を狙い、ペトロナス・スペリンタ・ヤマハに2勝目を捧げたい。

「レースでも予選でも、チャンピオンシップを通じて、成長してきた。」と語る唯一のマレーシア人ライダー。昨年は、5番手を走行中に転倒リタイヤした。「最重要なのは、完走すること。だけど、もし、スタートが上手く切れれば、トップグループと一種に走る自信はある。家族と友人たち、そして応援してくれるファンが僕に力を与えてくれよう。」

ランキング14位のユージイはチームメイトのセバスチャン・ポルトから重要な協力を得ている。「セバスチャンはとても優れたライダーだ。経験が豊富で、僕をサポートしてくれる。セッティングもとても早く、すごく遅い僕は、彼のセッティングを利用するんだ。チームはよく働くし、日曜のレースでは、最高のポイントを獲得して、彼らの期待に応えたい。 もし、残り3戦で好成績が得られれば、今シーズンの目標であるランキング10位以内に入れることが可能だろう。」

マレーシアにおけるMotoGP普及に貢献しているユージイは、このチャンピオンシップがモータースポーツ界で最大の人気があるスポーツであると確信してる。「マレーシア人は、バイクが大好きなんだ。ここセパンで開催されるF1より、観衆が詰め掛ける。外国人のファンは多いけど、地元レベルでいえば、MotoGPの方が観客が集まるんだ。マレーシア選手権もコンスタントに発展し、来シーズンには新たなマレーシア人ライダーがMotoGPに参戦することになると思うよ。」

Tags:
250cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›