初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン今季5勝目で、タイトル接近

ヴァンサン今季5勝目で、タイトル接近

ヴァンサン今季5勝目で、タイトル接近

フランス人アルヌー・ヴァンサンがセパンで5勝目を上げ、もてぎの悪夢を振り切った。タイトル争いにおいて、これ以上にない結果を収めれば、ランキング2位のマヌエル・ポジアーリは、表彰台を狙いにルーチョ・チェッキネロを交わそうと最終コーナーに勝負を賭けたが、ローサイドで転倒。再度レースに戻ったが、9位に終わった。この結果、2人の差は26ポイント差に、2位に入ったダニ・ペドロッサとは29ポイント差に開いた。

レースはいくつかのグループに分かれ、展開された。スタートからタイトルを争うヴァンサン、ペドロッサ、そしてポジアーリが抜け出し、5ラップ目にステーブ・イェンクナーとチェッキネロが加わった。その後、パブロ・ニエトも追い上げ、ランキング上位6人のバトルが繰り広げられた。ラスト3ラップにイェンクナーとニエトが遅れ、ヴァンサンが最終ラップの争いを避けるためにペースを上げた。

ペドロッサが最終ラップでチェッキネロをパスし、ポジアーリが最終コーナーで転倒。その間に、イェンクナーとニエト、第2グループで走っていたヘクトル・バルベラ、ミカ・カリオ、東雅雄に抜かれ、9位でゴールラインを切った。宇井陽一と上田昇はそれぞれ12位と17位だった。

Tags:
125cc, 2002, Gauloises Malaysian Motorcycle Grand Prix

Other updates you may be interested in ›