初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン 勝利とタイトル追求にフィリップアイランドに挑む

ヴァンサン 勝利とタイトル追求にフィリップアイランドに挑む

ヴァンサン 勝利とタイトル追求にフィリップアイランドに挑む

ムジェロでのメカニカルトラブルに苦しんだアルヌー・ヴァンサンは、その後、見事なリアクッションで高ポイントを連取。セパンでは初タイトル獲得を決定的にする勝利を飾った。もし、この日曜の決勝レースで、誰よりも先にゴールラインを切れば、悲願のワールドチャンピオンに輝く。 2001年チャンピオンのマヌエル・ポジアーリは、チャッカーフラッグが予定よりも早く振り下ろされた事件に救われ、2年連続タイトル獲得に望みがつながった。4位を走行中の最終コーナーで転倒し、9位でゴールした。しかし、ファイナルラップが無効となったことから4位となり、貴重な13ポイントを獲得した。現在、ヴァンサンとは20ポイント差あり、タイトル防衛には勝利が必要な状況である。

ヴァンサンとは30ポイント差で、数字上ではタイトルの可能性が残されているダニ・ペドロッサは、ポジアーリとは対照的に、2位から3位に順位を落とし、4ポイントを失った。最終戦が行われる地元バレンシアGPまでタイトル争いを持ち込むためにも、今季3勝目を狙いたいところだ。 そして、昨年の覇者宇井陽一。1998年と2000年の東雅雄。1997年の上田昇と、日本人ライダーが常に活躍している今グランプリの舞台フィリップアイランド。ティーエンジャーの台頭が著しいこのクラスで、彼らベテラン3人の走りも注目される。

Tags:
125cc, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›