初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホルヘ・マルティネス・アスパル タイトルに固執せず

ホルヘ・マルティネス・アスパル タイトルに固執せず

ホルヘ・マルティネス・アスパル タイトルに固執せず

フォンシ・ニエトとトニー・エリアスが所属するアスパルチームのオーナー、ホルヘ・マルティネス・アスパルが、フォンシがタイトル争いを演じているが、特別にタイトル獲得の計画を立てていないことを明らかにした。「タイトルに固執していません。セパンではタイトルの可能性がほとんどありませんでしたが、今はある期待を持つことができます。しかし、現実的にならなければなりません。ミランドリがとても優れたライダーで、ビックチームに所属しています。私たちは、日曜のレースに勝利することだけが唯一です。その後、どうなるか様子を見ましょう。」

マレーシアGPで1・2位を獲得したように、トニー・エリアスがチームメイトのサポート役に回ることができる。チームの指示について、アスパルは明確に説明した。「日曜のレースまで、特別にプランは立てません。ばかげたことでしょう。(彼を)利用するこはありません。少しずつ進まなければなりません。彼は自分の時間に専念します。」

タイトルを争う2人のライダーが、チームに所属する見込みがあることについて、アスパルはポジティブに語った。「同じ鶏小屋に2羽のニワトリを一緒にするのは難しいことだと、私に言う人もいます。しかし、私はそうは思っておりません。全ての人は、この同じ問題を抱えたいのです。私たちはチームとして、最高のものを2人に与えなければなりません。そこから先は、コースで決めなければなりません。」

アスパルの下から巣立ち、現在は125ccクラスチャンピオンに最も近いライダー、アルヌー・ヴァンサンについて、期待を語った。「アルヌーがビックなライダーであり、人物だ。タイトル獲得を願っている。大きな足跡を残して、2年前にチームを後にした。当時は、少し態度や根気に欠けるものがあったが、今季は兼ね備えている。」

Tags:
250cc, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix

Other updates you may be interested in ›