Tickets purchase
VideoPass purchase

マルコ・メランドリ タイトル獲得を振り返る

マルコ・メランドリ タイトル獲得を振り返る

マルコ・メランドリ タイトル獲得を振り返る

マルコ・メランドリが目標を達成した。同胞バレンティーノ・ロッシが樹立した最年少記録を塗り替え、2002年250ccクラスの新王者は、タイトル獲得を振り返った。

「週末を通して、急風とライバルとのバトルは、ハードだった。2日間は技術的な問題があり、レース直前までピストンの作業に集中した。完全に新しいピストンでのスタートは危険だったし、チーフメカニックのロッサーノには何も僕に言わなかった。彼に感謝している。レースが始り、落ち着い走れた。素晴らしいバトルだった。マシンはとても速くなかったけど、それほど重要なことではなかった。体とハートが勝利を固執していたからだ。タイトル獲得だけでなく、日本では勝利をこの手中に収めながら逃してしまい、マレーシアでは悪運だったから、勝つために全力を尽くした。」

メランドリにとって重要なレースを控えた一週間はどんな心境だったのだろうか。「ハードな時期だった。マレーシアではとても悪運だった。なぜなら、ミスを犯さず、全力で作業していたからだ。ジムでフィジカルを調整し、予選が始ったときには、落ち着くことができた。ライバルたちからのプレッシャーがあったが、レースに向けての準備に集中した。そうして、パーフェクトな状態で日曜を迎えた。この2年間、多くのことを学んだ。今までの経験を発揮する瞬間だった。」

メランドリは、イタリアGP終了後の数日間がチャンピオンシップを左右したと考えている。「今シーズンのカギは、ムジェロでのレース後の2日間だ。イタリアGPでの優勝は重要だったが、2日間のテストはレース以上の意味があった。RSW250の改良型をテストし、実に都合のいいマシンだった。数ラップ後には、失われていた感覚が見つかり、適切なマシンだと考えた。テスト後に、全てをチェンジした。走る喜びに再会し、コースを走ることが楽しかったからだ。ロッサーノとチーム全員が、このチェンジを考慮したと思うし、冷静に走ることを取り戻した。次戦を走っただけにも関わらず、この新しいマシンで、シーズンを保証することができた。」

タイトルが決まった後、新チャンピオンはどんな気分だったのだろうか。「始めは何も考えることができなかった。そして、ゴールラインを切った後、『ワールドチャンピオンだ!』と自分自身に叫んだんだ。シドニーに滞在する2人の友人がコースに駆けつけ、僕たちは歓喜に連呼したんだ。少し離れていた友人たちも同じように叫んだ。この感覚は記憶に留めてある。この強烈な感覚を治めるには、時間が必要だ。落ち着くには一週間は必要だ。」

タイトルを獲得した今、最終戦に臨む姿勢を語った。「スペクタクロを提供し、再びフォンシ・ニエトとバトルしたい。僕たちはグッドなエキジビションを提供できるだろうし、ファンは堪能できるだろう。好アクッション...勝利でシーズンの幕を閉じたい。」

Tags:
250cc, 2002, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›