初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミック・ドゥーハン オーストラリアGPを評価

ミック・ドゥーハン オーストラリアGPを評価

ミック・ドゥーハン オーストラリアGPを評価

フィリップアイランドでのレースについて、ある日考え込んだ。実際に展開されたレースは、考えていた通りで、何も変わらなかった。予選セッションがレースを示さないことは、確信していた。なぜなら、日曜は風は弱まったからだ。金曜と土曜はあまりに強い風が吹き抜けた。4ストロークは重量があり、ダンロップとブリヂストンは最高のタイヤを準備していた。そして、2ストロークライダーたちは、利益を得ることができた。

いずれにせよ、スタートから4ストローク勢がアドバンテェージを得た。スタートラインから第一コーナーまでの間でポジションが変わることは疑いがなかった。バロスとロッシは優勝に向け、飛び出した。

レース中盤、バロスは実に速い周回を重ねた後に、ペースを落とした。疲労からなのか、マシンにトラブルが発生したのか、それとも楽しむためなのか、私には解らない。その時には、ロッシにアドバンテェージがあったが、それぞれの戦略が明確ではなかった。バロスがコーナーで曲がり切れず、ミスを犯したことで、ロッシは逃げ切れた。

エクセレントなレースだった。バレンシアでもスペクタクロが約束されるだろう。向こうで君たちに会えることを楽しみにしているよ。

Tags:
MotoGP, 2002, SKYY VODKA Australian Grand Prix, Mick Doohan

Other updates you may be interested in ›