初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンティーノ・ロッシ 世界ラリー選手権デビューに向けテスト実施

バレンティーノ・ロッシ 世界ラリー選手権デビューに向けテスト実施

バレンティーノ・ロッシ 世界ラリー選手権デビューに向けテスト実施

第15戦オーストラリアGPを終え、フィリップアイランドからイタリアに帰国したバレンティーノ・ロッシは、24日にWRC世界ラリー選手権最終戦グレートブリテン(11月14日から17日)にスポット参戦するため、プジョー206のテストを実施した。

ワールドチャンピオンは、イタリア北部の地方都市インペリア郊外で、副操縦士のカルロ・カシーナとデビューに向け、準備を行い、「今日の走行は、プジョー206-ミシュランを乗りこなし、特にカルロ・カシーナの指示に慣れることだった。車といいフィーリングがあり、エンジンパワーとコーナリングはモトGPと同じ感覚だった。ブレーキングに関しては、かなり違いがあった。」とテストを終え興奮気味に感想を述べた。

今シーズンチャンピオンのマークス・グロンホルムや、リチャード・バーンズ、コリン・マクレーに隠れ、主役の座を射止めることは難しいが、英国の森の中で輝く可能性について、現実的に考えていることを示した。「初日から100%では走れないだろう。僕の目標?サッカーのワールドカップ制覇同様にグレートブリテンに勝つ可能性があるさ!優勝するために、僕の前にいる15人ほどドライバーたちとバトルする。是非、フィニッシュしたいね。」

Tags:
MotoGP, 2002, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›