初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

AMA王者 バレンシアに登場

AMA王者 バレンシアに登場

AMA王者 バレンシアに登場

AMA全米選手権250ccクラスのチャンピオン、チャック・セーレンセンが今週末に生涯の夢、モトGP世界選手権デビューを叶える。カルフォルニア出身のセーレンソンは、自他共に認めるグランプリマニアであり、8月にタイトル獲得後、所属するスタージェル・アプリリア・チームは、ワイルドカードでの参戦をプレゼントした。

「ここにいることが信じられないよ。シーズン後半に招待参戦することが非常に困難だと考えていたからね。」と驚きを隠し切れないセーレンセンに、チームはアプリリアRSV-250を準備した。「スペイン人はバイクにクレージーだ。ここにはたくさんの優れたライダーたちがいる。コースはビューティフルだし、本当に、ここいることに感動している。チームオーナーのロッキー・スタージェルと僕は、2ストロークに大きな情熱を持っている。もし、数年前に旧型の500ccを購入していたら、マシンを輸送するための箱が準備できなかったし、ここで参戦することもなかっただろう。しかし、僕たちは招待を受けた。マシンは箱の中にある。僕たちはここにいるんだ。」

セーレンソンは、世界舞台が簡単なレースでないことを承知している。しかし、チャンピオンに相当する走りができると確信している。「レースはハードだろうけど、10年間レース界にいるし、自分を守ることができる。AMAは最初のセッションからアタックする。ここでもその考えを変えることはない。大きな違いは、間違いなく、タイヤコントロールにある。レースは倍以上に長い。通常使用しているタイヤより、硬いものを使用しなければならないだろう。注意を払わなければならないけど、ポイントをゲットしたい。」

AMA王者の来季は、アメリカが舞台となるが、最初のモトGP世界選手権で、将来の可能性を広げたいと考えている。「2003年の目標は、AMA250cc2連覇だ。だけど、このモトGP世界選手権の可能性を開いておきたい。ヘイデン、エドワーズ、そしてホプキンスがモトGPに行き、AMAとWSBにとっては悪いニュースだ。アメリカの前途有望なライダーは、GPに行くことになると思う。スーパースポーツ600とフォーミュラエクストリームーで4ストロークの豊富な経験があるし、運があれば、モトGPマシンを是非テストしたいね。」

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›