初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者メランドリ 旋風でシーズンを締め括る

王者メランドリ 旋風でシーズンを締め括る

王者メランドリ 旋風でシーズンを締め括る

ワールドチャンピオンのマルコ・メランドリが、最終戦でポールトゥウインで決めた。27ラップで行われたレースを気分良く走った新チャンピオンだったが、2番手を走っていたフォンシ・ニエトは10周目にローサイドでクラッシュ。チームメイトのトニー・エリアスは、ラスト10周にトラブルが発生し、単独2位から10位に後退した。

フォルトゥナ・ホンダ・グレシーニのロベルト・ロルフォとエミリオ・アルサモーラの2人は、終始バトルを展開。アルサモーラは最終ラップで仕掛け、チームメイトをパスしたが、直ぐにロルフォがポジションを奪回した。後方グループではランディ・ド・ピュニエが、ロベルロ・ロカテリとダビッド・チェカを抑えれば、松戸直樹がラストラップでアレックス・デボンを抜き、8位に入った。青木治親は12位に終わった。

セバスチャン・ポルトは、4位を走っていた2ラップ目にマシントラブルが発生し、リタイヤ。この結果、エリアスが総合ランキング4位に、ポルトが5位となった。

Tags:
250cc, 2002, Gran Premio Marlboro de la Comunitat Valenciana

Other updates you may be interested in ›