初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ギャリー・マッコイ、カワサキのセパン・テストに参加

ギャリー・マッコイ、カワサキのセパン・テストに参加

ギャリー・マッコイ、カワサキのセパン・テストに参加

カワサキが16日、マレーシア・セパンにてテストを実施し、オーストラリア人ギャリー・マッコイが、右足に埋め込んであったプレートとネジの除去手術を終えてから、初めて新チームに合流した。3日間の予定でスタートした今回のテストには、チームメイトのアンドリュー・ピットに、テスト開発ライダーのアレックス・ホフマンと柳川明が参加し、ドライで、ホットなコンディションの中、新ニンジャZX-RRのテストが行われた。

「バレンシアでのレース後に、数ラップ走ったが、これが本当の初テストだ。」とヤマハYZR500で3シーズン間戦ってきたマッコイは話す。「まずは、バイクの感触を掴み、乗りやすいセッティングを見つけないと。そうすれば、タイムが出るだろう。当然、カワサキのニュー4ストロークマシンは、旧型2ストロークよりも難しい。加速はすごいけど、アグレシブではない。コーナーの進入は少し難しい。特に2ストロークのようなクラッチ操作は使えない。コーナーでは、2ストロークの場合、ブレーキ勝負となるけど、4ストロークでは、エンジンブレーキで減速するんだ。」

Tags:
MotoGP, 2002, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›