初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アルベルト・プーチ:「謙虚に、楽観的に、そして意欲的に」

アルベルト・プーチ:「謙虚に、楽観的に、そして意欲的に」

アルベルト・プーチ:「謙虚に、楽観的に、そして意欲的に」

約2年前に現役ライダーからチームディレクターへと活躍の場を替えたアルベルトープーチ。03年は大きな期待を持って、ホンダのファクトリーニューマシンとセバスチャン・ポルトを率い、250ccクラスに挑む。

「このプロジェクトを推進するチャンスが浮上し、私は興味がありました。」と説明するプーチ。「私たちのように、チームの発展としては当然の前進だと思います。マシンも、ライダーについても、最高のオプションを検討しました。このクラスに謙虚に、楽観的に、そして意欲的に参戦していきます。ハイレベルで経験豊富なチームたちと争います。 私たちは250ccクラスでは、2年前の125ccクラスをスタートした時のように、0からの出発です。今、私たちは125ccクラスで代表する1チームですが、250ccクラスでも時間の経過とともに、同様なことになると期待します。」

新たなプロジェクトを前に、チームが任命したのはアルゼンチン人ライダーのセバスチャン・ポルトだった。「彼の経歴を分析しました。私は、彼がチームに必要な部分をカバーできると確信しています。上位に進出する手段をほとんど今まで持っていなかったですが、今年は最高のマシンを得て、ポテンシャルを発揮しました。私は彼と契約でき、大変喜んでいます。若いライダーですが、豊富な経験を兼ね備えています。来シーズン、ポルトは今年の延長上で活躍することができると思います。これが、私たちの最初の計画で、全ての進展については、様子を見ていきましょう。」

ポルトは、NSRに替わるホンダのニューマシンRSWを使用する。「ホンダの方々は、マシンの開発に取り組み、100%の仕事をしています。私たちは全面的にHRCを信頼しています。このマシンを使用できる感謝と名誉を感じます。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›