初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カティヤ、GP復帰準備中

カティヤ、GP復帰準備中

カティヤ、GP復帰準備中

カティヤ・ペンスゲンは250ccクラス初の女性ライダーとして、01年の特筆するニュースを集めた。困難なデビューシーズン後、チーム移籍やアプリリアからホンダへの乗り換えなど、活躍の場を移したが、02年のシートを確保することできなかった。しかし、カリスマ的存在のドイツ人ライダーは、再び250ccクラスの舞台に復帰することが決まった。

「グランプリに復帰でき、エキサイティングでとても幸せ。私のライダーとしての実力と私のチームを100%信じているわ。」と26歳のカティヤは、青木治親によって開発されたホンダRSWを駆けることになる。「チームはアリーモレナーに、WSSからのチーフが協力し、2人体制となるでしょう。だけど、チームメイトに関しては、あまり多くのことが言えない。01年はホンダNSR99で走ったけど、あまり速いマシンではなかった。だけど、今度のニューマシンは戦闘力が高いと確信しているわ。」

世界舞台から遠退いていたカティヤは、フィジカルコンディションを整え、マシンへの乗り込み準備を整えている。「クリスマス期間中、甘いものは控えたから、体調はキープしてあるし、水泳やフィッティング、そしてジムでフィジカルトレーニングのプログラムをこなしている。昨夏からこのプログラムをスタートさせ、今はグランプリのことを考えているわ。ハードワークだったから、1月10日にスペイン・アルメリアで行われる初テストに向け準備が出来ている。その後は、ヘレスに行って、IRTAテストの前にはバレンシアにも行くことになるでしょう。新シーズン前にたくさん走りこみができることを期待しているわ。」

Tags:
250cc, 2002

Other updates you may be interested in ›