初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スズキ、フィリップアイランドでの開発テスト終了

スズキ、フィリップアイランドでの開発テスト終了

スズキ、フィリップアイランドでの開発テスト終了

スズキ・グランプリ・チームは7日、オーストラリア・フィリップアイランドでのテストを終了した。ケニー・ロバーツとジョン・ホプキンスは、前回1月のセパン・テストより投入した03年型プロトタイプの開発を引き続き行った。最終日は強風の影響により、開発作業のペースがゆっくりとなったが、02年型より大きく進歩した新型マシンでの4日間のテストに、両ライダーは満足感を示した。

「最終日まで、テストは順調だったし、天気も良かった。多くのテストを消化し、前進することができた。」とロバーツは説明する。「僕たちには不満はない。目立った問題もなかったし、特にセッティングの仕事には満足している。メカニックやエンジニアたちは、ニューマシンのポジティブな面とネガティブな面を吸収し、ここからどう追及していくのか検討する。他のライダーたちと一緒に走るまでは、実際に僕たちがどのポジションにいるのは分からないが、マシンは決定的に、昨年のマシンよりも速くなっている。しかし、まだ十分ではないだろう。戦闘的なマシンへと進化中だ。」

シーズン終了にヤマハYZR500から乗り換えたジョン・ホプキンスは、4ストロークマシンへの信頼を寄せている。「いくつかの問題があり、作業がゆっくりだったけど、ラスト2日間は多くの仕事をすることができた。天候が良かったからだけでなく、役に立つデーターが収集できた。このデーターを共有し、最終日にはラップタイムが伸びた。マシンは、昨年のよりも非常に簡単に操れる。早く、ヘレスで他のライダーたちと一緒に走りたい。シーズン開幕前にはマシンを最大限に仕上げたい。」

エンジニアたちは21日から始るIRTAテストに向けて、日本で新型GSV-Rの開発作業に取り組む。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›