初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、3日連続トップタイム

ロッシ、3日連続トップタイム

ロッシ、3日連続トップタイム

HRCのテスト最終日が27日、フィリップアイランドで実施された。一時、スコールの影響により中断を余儀なくされたが、ウェット・コンディションでの新型RC211Vの性能を確認する好機となった。

ロッシとヘイデンは、サスペンションの作業に専念。特に、アメリカンはウェットでの走り込みを重視した。「午前中は天候は良くなかった。今日は頻繁にセッティングを変更するためにピットインを繰り返したから、周回を重ねることができなかった。」と王者は説明する。「ハードな一日だった。HRCはマシン開発のために懸命に働き、技術者たちはたくさんのデーターを持って日本に帰国することができるだろう。セパンとここフィリップアイランドでのテストに、とても満足している。ヨーロッパでの天候に関して、聞こえてきた。僕たちの決定は正しかった。今からロンドンに帰って、少し休息を取る。そして、非常に重要なカタルーニャ・テストに臨みたい。今シーズン初めて全ライダーが集結するからだ。」

チームメイトのヘイデンは、「今日はグットな一日だった。今朝は不安定な天気だったけど、ウェットのコースで約20周ほど走った。いい経験になった。マシンはいい反応を見せたし、いい感じで走れた。午後は、タイヤテストに専念。何周か、バレンティーノの後ろに着いて一緒に走ったことはとても良かった。ベストタイムをマークした。バレンティーノは、僕が後ろで走ることを許可してくれた。彼の後ろいて、ライディングを学ぶことだけじゃなく、どこを改善しなければならないのか分かった。大変役に立った。これからデトロイトの家に満足して帰れる。次のテストはバルセロナ。たくさんのライダーたちが参加するから、とても興味深い。」と語った。

ホンダチームは、2週間のオフを取り、来月15日と16日に実施されるIRTAテストに参加する。
非公式タイム:
バレンティーノ・ロッシ, 1m 32.2s (52周) , ニッキー・ヘイデン, 1m 32.47 (62周), 伊藤真一, 1m 32.9s (39 周), 玉田誠, 1m 33.3s (38 周)

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›