初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘイデン、プレシーズンのプレッシャーを受けながらも冷静に

ヘイデン、プレシーズンのプレッシャーを受けながらも冷静に

ヘイデン、プレシーズンのプレッシャーを受けながらも冷静に

ニッキー・ヘイデンが、「デイトナ・バイク・ウィーク」へのゲスト参加と束の間のリラックスを取るために、母国アメリカに帰国した。ケンタッキー出身のライダーはハードなプレシーズンを通して、RC211Vを自分のマシンにするために、アメリカ期待の将来有望なライダーであることを証明するために、そして、支配権を握ったレプソル・ホンダの1シートに見合った実力を示すために、テストを繰り返してきた。しかし、21歳のヤングライダーは、これら多くのプレッシャーを感じていないようだ。

「最高のチーム、最高のマシン、最高のスポンサーと一緒に戦う。しかし、現実的にはプレッシャーは少ない。強力なサポートを得られるし、このチャンスにチャレンジするつもりさ。少なくても初シーズンは、プレッシャーを感じなければならないと考えていない。今までに乗ってきたどんなマシンよりも、このマシンは難しい。僕の新チャレンジだ。学習するために時間が必要だけど、マシンは素晴らしいし、とても速い。ライディングは難しいけど、誰も簡単とは言わなかった。」

セパン、フィリップアイランドで走り込んだ現AMAスーパーバイク王者は、世界最高峰に順応することが至難であると疑わない。「とにかく、サーキットを把握することだ。今年は困難になることは承知しているけど、僕の気力に影響しないようにしないと。その他のことに関して、僕はアメリカンフードが大好きなんだ。ヨーロピアンフードを試したけど、美味しかったのと、そうでないのと...この前、バレンシアでボカディージョ(スペイン風サンドイッチ)を試食した後、通りを渡ってマクドナルドに行ったよ。試食した中でとても美味しかったのは、魚だ。アメリカで食べるより、ずっと美味しかった。」

愛想がいいヘイデンは今後、パドックで世界ライダーたちと知り合える機会が増えるだろう。「アメリカでレースしていた時に知り合ったジョン・ホプキンスとは面識があるけど、正直あまり知らないんだ。コーリン・エドワーズも知っているけど、それほどでもない。ケニー・ロバーツの弟とは以前のチームメイトだったけど、ロバーツ家とは接触があまりなかった。バレンティーノとは、最終戦のバレンシアで知り合った。とても気分のいい奴で、彼と一緒のチームにいることは名誉なことだ。彼のライディングを見たけど、良いことしか言えないね。TVでも見ていたけど、彼には125も500も関係ないようだ。勝つことを知っている。他にも優れたライダーが多いけど、最終的にレースに勝つ手段に欠けているようだ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›