初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プロトンチームKR、2ストロークからテスト開始

プロトンチームKR、2ストロークからテスト開始

プロトンチームKR、2ストロークからテスト開始

プロトンチームKRは、来週末にカタルーニャで実施されるIRTAテストには、プロトタイプV5で参加しないことを明らかにした。チームマネージャーのチャック・アクスランドは、IRTAテストでは青木宣篤とジェレミー・マクウィリアムスが、2ストロークマシンを使用することを認め、一方でチームは重要なテストに向けて、ニューマシンの完成を期待していることを示した。

「私たちの目標は引き続きIRTAテストにニューマシンをテストすることですが、今週の開発次第です。もし、時間に間に合わなかったら、2ストロークで参加しなければなりません。私たちのライダーは、約4ヶ月間も活動していません。シーズンが始る前に、可能な限り走り込む必要があります。」

アクスランドは、ニューマシンは工場で基本的な組み立て作業が終了したが、幾つかのパーツに関しては修正を行ったことから、完成が遅れている。「異なった見解をしてきましたが、後になり、シートやエアボックスなど、幾つかのパーツを改めて設計しました。シャシーからサスペンションまで、ほぼ全て完成していますが、まだエンジンをシャシーに搭載して走らせていません。今週末には動かしたいです。」と説明した。

また、マシンはチームが想像していたよりも小さく、マクウィリアムスも青木もコンパクトのマシンに驚きを示したことを付け加えた。「2ストローク3気筒の500ccマシンから、4ストローク5気筒990ccマシンへのチェンジですから、当然ビックなマシンを想像しますが、実際には小さく、ライディングポジションも他と比べても大きく異なりません。ライダーたちもモンスターマシンが製作されると、想像していたようです。非常に驚いていました。明らかにシャシーは大きく、全てを搭載した時には、かなり大きいでしょう。しかし、とてもコンパクトなマシンで、ライダーにとってはポジティブとなるでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›