初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ベリー・シーンの人生とレース経歴

ベリー・シーンの人生とレース経歴

ベリー・シーンの人生とレース経歴

伝説のライダー、ベリー・シーンをレースシーンと勝利だけでは語り継げない。サーキット以外でもその非凡な才能と茶目っ気は、発揮されていた。
ベリーは2度の大クラッシュに見舞われたが、不屈の闘志で見事に復帰を果たした。また、永遠のライバル、ケニー・ロバーツとのバトルは、MotoGPの貴重な財産と言えよう。シーンの活躍は、イギリスで最も偉大な1人のスポーツ選手として認知され、英国ロードレース界では越えがたい存在となっている。

主な経歴

1968年:18歳の時にブランジハッチで初レースに挑む。デビューレースで転倒したが、1ヶ月後のは初勝利を上げる。
1970年:ブリティシュ選手権125ccクラスに初参戦。
1971年:世界選手権初参戦。スズキを駆ける。
1975年:第6戦オランダGPでアゴスティーニとの激戦を最終コーナーで制し、500ccクラス初勝利。数ヵ月後、デイトナで時速250キロで大クラッシュ。
1976年:5戦を制し、初タイトルを獲得。
1977年:6勝でタイトル連覇に成功。
1978年:感染症にかかり、半シーズンを欠場。
1979年:第11戦イギリスGPでケニー・ロバーツと歴史に刻むバトルを展開。僅か0.03秒差で敗れたが、観客を魅了した。
1981年:GP通算22勝目(500cc19勝目)を最終戦スウェーデンGPで飾る。ヤマハ2年目。
1982年:第9戦イギリスGPの転倒により、足を骨折。国内の全新聞一面にはレントゲン写真が掲載された。
1983年:スズキから復帰。映画『スペース・ライダーズ』に出演。
1984年:シーズン後に現役を引退。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›