初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピリッシ、最速ラップでBMWを獲得

カピリッシ、最速ラップでBMWを獲得

カピリッシ、最速ラップでBMWを獲得

ロリス・カピロッシとドゥカティが、ライバルたちを制した。MotoGPの公式テスト2日目最終日、今シーズン新設されるBMW予選ベスト賞を特別に14時から55分間実施。開幕戦日本GPの前哨戦のごとく、ホンダ、ヤマハ、そしてドゥカティの熱く激しいバトルが展開され、カピロッシが賞品BMW330CDを獲得した。

セッション終了間際に、スペクタクロなラップを叩き出しカピロッシは、サーキットレコードを更新する1分43秒634をマーク。冬季プレシーズン期間中に驚異的な仕上がりを見せていたドゥカティが、エクセレントな戦闘レベルに達成していることを証明した。

初日トップだったアレックス・バロスは今シーズンの武器、ヤマハM1で1分44秒154。2番手に入れば、バレンティオーノ・ロッシはセッション序盤に1分44秒324をマークしながら、中盤以降タイムが伸びず3番手に終わった。

4番手のマックス・ビアッジから宇川徹、そして加藤大治郎までが、昨シーズンのPPタイムを更新すれば、現250cc王者マルコ・メランドリが、肩を負傷しているチームメイトのカルロス・チェカを抑え、8番手に入った。また、注目のルーキー対決では、ドゥカティのトロイ・ベイリスが10番手と初コースでの素早い適応能力を示した。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›