初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、盲導犬育成に募金

中野真矢、盲導犬育成に募金

中野真矢、盲導犬育成に募金

中野真矢が先週、神奈川県の「財団法人日本盲導犬協会神奈川訓練センター」を訪問した。89年からヤマハは全国の販売店やイベント会場で、盲導犬の育成資金を募る「YAMAHA NICE RIDE 募金」キャンペーンを展開。2002年度に集計した98万円と中野自らの募金50万円を合わせた148万円を寄与した。

贈呈式後には、犬舎の見学や盲導犬を使った歩行を体験。視覚障害者との懇親会で盲導犬ユーザーの体験談と自分のレース体験を語り合い、親交をはかると同時に、盲導犬への理解を深めた。

今年で6年目の募金を行った中野は、「犬が好きなこともありますが、レーサーとして、そしてプロスポーツ選手として、社会貢献ができるようにと始めました。歩行体験をして、目を閉じて歩いたが恐かった。盲導犬とお互いの気持ちを通わせ、進んだり、止まったり、曲がったりすることは本当に凄い。強い信頼関係が大切なんだと思った。そして、自分もマシンとの一体となり、マシンを信頼してのレースに臨むが、犬と人間の関係と、ライダーとマシンの関係は共通していると思った。これからもレースやイベント会場で、ヤマハと強力し合って、募金活動を続けていきたい。」と訪問の感想を語った。

Tags:
MotoGP, 2003, Shinya Nakano

Other updates you may be interested in ›