初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

加藤大治郎の事故について

加藤大治郎の事故について

加藤大治郎の事故について

MotoGPレースディレクターのポール・バトラー氏とメディカルディレクターのクラウディオ・マッキャゴデナ氏は、MotoGP決勝レース中に事故を起こした加藤大治郎の様態について説明した。

ポール・バトラー氏は:「事故原因は解っておりません。しかし、シケイン進入前のブレーキングゾーンであることは皆が解っています。コースにはブレーキングの痕跡がありませんでした。通常、このような場合には、ビデオで原因が明らかになりますが、この悲劇的な事故原因については発見できませんでした。このような事故は世界中のどのサーキットでも発生することです。皆さんが加藤さんの様態を心配しています。私たちの気持ちは、彼の家族と友人、そしてチームと一緒にあります。」

クラウディオ・マッキャゴデナ氏:「最初のニュースは、加藤が激しく衝突したとコースのメディカルチームから連絡を受けました。昏睡状態でした。彼が彼自身の生命と闘う機会を与えるために、緊急に人口呼吸と心臓マッサージの蘇生措置し施し、心臓の動きを安定させました。医療センターに緊急輸送しました。現在はICU集中治療室に入っていますが、頭、胸、首を強く打っています。彼は彼自身の生命と懸命に闘っています。」

Tags:
MotoGP, 2003, SKYY VODKA Grand Prix of Japan

Other updates you may be interested in ›