初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

グレイーニ:「空っぽのような...」

グレイーニ:「空っぽのような...」

グレイーニ:「空っぽのような...」

テレフォニカ・モビスター・ホンダのチーム監督ファウスト・グレシーニとチーフメカニックのファブリジオ・セキーニ、そしてコマーシャル・マーケティングディレクターのカルロ・メルリーニが加藤大治郎の事故発生から4日後の10日夜、イタリアに帰国した。3人が到着したボローニア空港には、チームスタッフを始め、多くの関係者や友人たちが迎えに駆けつけ、加藤の血圧と脈が安定してからはあまり容態の変化がないことの説明を受けた。

「私はまるで空虚のようだ...」とグレシーニは語る。「加藤の健康状態について、何もコメントする力がない。近々に彼の事故やチャンピオンシップにおけるチームの将来のことなどと向かい合わなければならないのは、分かっている。しかし現状、私は心の奥深くまで影響を受けている。数日間は家族と一緒に過ごし、少し頭を落ち着かせたい。そして、現実と立ち向かって行きたい。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›