初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

加藤大治郎、最も輝いた日本人スターライダー 1

加藤大治郎、最も輝いた日本人スターライダー 1

加藤大治郎、最も輝いた日本人スターライダー 1

1976年7月4にち生まれ、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身の加藤大治郎は、モーターサイクル界に生き、レース中の事故が原因で帰らぬ人となった。3歳の時、地元のサーキット秋ヶ瀬でポケバイを始めてから、驚異的な、スペクタクロな速さで頂点へと突き進み、2001年には世界選手権250ccクラスを圧倒的な強さで制覇した。

世界最高峰、MotoGPクラスまでステップアップした加藤へ、多くの人々が日本人最高のライダーだと評価を与え、日本人初のMotoGPクラス制覇へと期待が寄せられていた。全日本の舞台でも世界舞台でも、加藤は常に速く、技術の高いライダーであることを証明。一方で、もの静かで礼儀正しい好青年は、世界中のファンから愛されていた。

僅か9歳の時、全日本ポケバイ選手権で総合優勝を飾った加藤は、その頃から偉大なタレント性を発揮していた。1987年、11歳の時にミニバイクにステップアップ。1991年には全クラスでチャンピオン。16歳となった1993年にロードレースにデビューを果たし、1994年には全日本ロード選手権250ccクラスでランキング7位ながら、初勝利を上げた。1996年にはワイルドカードライダーとして日本GPに初挑戦し、3位を獲得。世界にその名を広めた。

翌1997年にはホンダレーシング(HRC)入りを果たすと、加藤は全日本初制覇、鈴鹿8時間耐久ポールポジション獲得、総合9位、そしてワイルドカードで参戦したシーズン開幕戦日本GPでは初優勝と、期待に応える著しい活躍を披露。1998年には日本GP連勝を決め、2000年に世界への切符をゲットした。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›