初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セテ・ジベルナウ、大治郎に捧げるポールポジション

セテ・ジベルナウ、大治郎に捧げるポールポジション

セテ・ジベルナウ、大治郎に捧げるポールポジション

セテ・ジベルナウが、チームメイト加藤大治郎に捧げるセンセーショナルなポールポジションを獲得した。ラスト16分過ぎにスパニュッシュライダーは、スピリッツに満ちた走りで、トップタイムを叩き出し、イタリア勢のバレンティーノ・ロッシ、マックス・ビアッジ、そしてロリス・カピロッシを上回った。そして、ラストアタックではこれまでのポールポジションタイムを1秒455更新する1分33秒174をマーク。明日、3年ぶり2度目(初ポールもこのサーキット)のポールから2001年9月バレンシアGP以来の2勝目を狙う。

カピロッシはラスト10分にポールアタックを仕掛けてが、クラッシュを喫す。しかし、タイムアップ直前にセカンドマシンでフロントロー4位を確保。ロッシ、ビアッジに食らいついた。

予選2日目にジャンプアップしたのは中野真矢。タイムアップ直前まで3位をキープするなど気迫の走りを見せるなど、1日目の暫定11位から5位に進出。ヤマハ勢トップに立った。6位には昨年の優勝者・宇川徹が入り、カルロス・チェカ、アプリリアのコーリン・エドワーズが続いた。

スーパーバイク王者のチームメイト芳賀紀行はクラッシュを喫したが、大きな負傷はなく、明日はスタート予定。日本人勢では、ノリックと青木宣篤がそれぞれ14位と15位。午前中のフリー走行中にクラッシュした玉田誠は18位で、19位の芳賀までが、これまでのサーキットレコード(2000年の宇川1分34秒834)を上回った。また、2000年覇者のギャリー・マッコイはトップから2秒392遅れの最下位21位に終わった。

Tags:
MotoGP, 2003, Arnette Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›