初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

予選2日目 MotoGPクラストップライダーたちのコメント

予選2日目 MotoGPクラストップライダーたちのコメント

予選2日目 MotoGPクラストップライダーたちのコメント

セテ・ジベルナウ:「僕だけでなく皆にとっても、大変難しい週末だ。このスポーツにとって、僕たちは困難な状況にある。ポール獲得は嬉しいし、僕のチームに感謝したい。彼らは最高だ。僕がこのポールを獲得できるように可能なことをやり遂げた。同様に大治郎に感謝したい。今日は向こう(天国)から、もう1速のギアを与えてくれた。明日のレースでも欠かせずに応援してくれるだろう。」

バレンティーノ・ロッシ:「体調は100%ではないけど、クリニック・モービル(移動治療所)のチームに感謝したい。だいぶ回復してきた。今日は予想していたよりも問題があり、昨日より少ししかタイムを更新できなかった。レースを考えて作業を進め、明日はハードタイヤでスタートしなければならから、難しいレースになるだろう。ポールはセテのものだ。彼は加藤のチームメイトだから、僕も嬉しいよ。」

マックス・ビアッジ:「昨日はエンジンにいくつか問題があったが、今日の2回のセッションでは非常に良く機能した。多くの時間を費やして、レース用に適したタイヤを追求したが、最速ラップでフロントローを獲得できたのは満足。ポールではないけど、セテ、そしてグレシーニ・チームを嬉しく思う。」

ロリス・カピロッシ:「フロントロー獲得は、このコースでグレートな成績だ。ライバルたちを抜くのは難しい。だから、スタートが重要だ。クラッシュは、マシンに小さな問題があったから。セカンドバイクを使用しなければならなかったのは残念だ。ファーストバイクの方がフィーリングが良かったからね。だけど、フロントローからのスタートは重要なことだ。」

Tags:
MotoGP, 2003, Arnette Africa's Grand Prix

Other updates you may be interested in ›